毎週ブログ更新中!!

【同僚もやってます】英語プレゼンは英語が出来なくてもできる!

まだ英語話せないのに、英語でプレゼンやることになってしまった…。

英語のプレゼン、緊張しますよね。こんな気持ちになるかと思います。

  • ただでさえ英語を話すだけで緊張するし戸惑うのに、英語のプレゼンなんて
  • そもそも英語聞き取り出来ないのに、どう説明すればいいのか

プレゼンを熟すにはそれなりの英語力が必要です。

話すだけでなく、複数人の意見、Discussionを聞き、質問がきたら応答する必要があります。

また対面の会話と違い、何度も聞き返したりする事も難しいです。

この記事はこんな方におすすめ!
  • 英語学習始めたばかりで、英語話すなんて至難の技
  • 緊張してプレゼンなんてできないよ
  • そもそも英語聞き取れないけど
  • こういうレベルだけど何とかやり過ごせるコツを知りたい

英語が拙い方でもその場を乗り越えられる虎の巻を紹介したいと思います!

実際、同僚も試した方法で、この記事を読めば明日からすぐ実践できます。

本記事の信頼性
  • 記事を書いている僕は海外との業務経験10年以上
  • 2年ほど毎週、アメリカ人の関係者と進捗会議をしている
  • 英語が扱える事で仕事の幅が広がり、成績優秀者としてCEO AWARD受賞
Contents

英語が話せないけどどうしたらよいか

英語が話せないと説明も質疑応答も不可能です。

でも一つだけ何とか話せる方法があります。それはカンペです。

あまりに普通すぎて拍子抜けするかもしれませんが、これが唯一の方法であり、とても効果的な方法です。

そもそもプレゼンの場は一対一と違い多数の人がいる中で、発言が出来ずに出席者を待たせるのは場の空気が悪くなってしまいます

ここは英語を頑張るという気持ちは置いておいて、まずはカンペを作ってプレゼン自体を乗り切りましょう。

経験談

  • 英語が拙い同僚が、毎週開催されるアメリカ人との進捗報告会で、ぶっつけ本番でやっていた。
  • しかし意図が伝わらず勘違いを生み、いつも他のメンバーがHelpにしその場を凌ぐ事に。
  • カンペを読み上げて報告したところ、誤解や見当違いな質問が来る事がなくなり、必要な議論を進める事が出来るようになった。

しかしカンペ作りには抑えるべきポイントがあります。

  • 質疑応答も考えて、しっかりとストーリー立てて文章を考える。
  • 質疑応答が何が来るかも考えておく。
  • 文章を作る時に、自分の英語力を大幅に上回る英語は使わない。(同時にどう英語をどう構成していくかを学ぶため)
  • Google翻訳は使わない。自分の英語で自分が説明できるレベルの文章を作る。
  • なるべく短い文章にする。

上記を念頭に置きながら、カンペを作ってみてにしてください。

同僚はカンペを使っていますが、 ここ1年で少しずつ英語が理解できるようになってきています。

視覚的に理解できる資料にしよう

カンペを作ったとしても、文章だけでは伝わらない可能性もあります

全ての事象を文章で伝えるのって、日本語ですら難しいですよね。

  • イラスト
  • アニメーション

これらを駆使すれば視覚的に示すことができ、相手も言葉より簡単に理解できます。

ただし注意ですが、使いすぎは厳禁です!

ここは文章で説明すると長くなりそう、混乱を招きそう、という点に着目して活用してください。

質問が来たらどう対処すればよいか

ここまで出来るだけカンペに頼る手段をご紹介しましたが、 質問がきたらその場で対応する必要があり不安ですよね。

確かに質問だけは、その場で考えて回答する必要がありますが、これも工夫次第で何とかなります。

  • 前章の通りカンペで大事なのは、質疑応答も含めたストーリー作りをしておくこと。相手をこちらの説明に引き込む
  • その上で事前に想定できる質問を考え回答を準備しておく
  • どうしても答えられない質問が来た時に備え、英語がわかる仲間を連れていく
  • 難しければ、Teamsなどのアプリの字幕や翻訳機能を駆使する *翻訳機を使用するのもアリ

これだけ頑張ってもどうしても回答出来ない、分からないことは宿題にしましょう。

その場で何とか答えようとして時間を費やすより、分からない事は素直に分からないと主張した方が場が収まります。

(怒られたらその時はその時、僕も今でも外国人から怒られたり指摘されたりします)

  • Please let me take this back as our homework. I’ll get back to you on x/xx.
  • “我々の宿題として持ち帰らせてください、x/xxに回答します”

こう伝えれば、答えられないという事と、いつに回答しますが明確なため、ほとんどの場はしのげます。僕はこれで凌げなかった事はないです。

まとめ – 最後まで読んでいただき有難うございます!

最後にまとめです!

  • カンペを有効的に駆使しよう
  • ストーリーをしっかり立てて質疑応答にも事前に備えよう
  • 自分の英語力を超えた英文にはせず、短文でシンプルに作り込もう
  • どうしても答えられない質問は宿題として持ち帰ろう

以上、英語が話せなくてもプレゼンを凌ぐ方法、でした!

このブログが皆さんの英語学習のモチベーションになれば幸いです。

質問や扱って欲しいテーマ、ご指摘など大募集しておりますので、ぜひぜひお問い合わせ・Twitterにお寄せください。

有難うございました!!

当サイトはブログランキングに参加しています!クリックしてもらえるとランキングが上がって沢山の人に見てもらえるので、クリックのご協力お願いします!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる